なぜ化粧水はこだわって、シャンプーにはこだわらないのか - 東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

なぜ化粧水はこだわって、シャンプーにはこだわらないのか

   

くせ毛特化美容師の小熊です。

 

 

本日も楽しく書いていきましょう〜

 

 

img_2017

表情楽しそうじゃねーな

 

今回は、シャンプーにこだわっている方には、申し訳ない記事ですw

 

例えば、奇麗なお肌の状態を保つには、自分に合う化粧水、乳液、美容液使いますよね?

 

年齢や肌質に合わせて、良質な成分が整っている物や悩みに特化した成分の物を使えば、それなりの効果がやはり出て

 

今で言うアンチエイジングの効果につながって行き、綺麗なお肌を保って行く事ができます。

 

前振りはさて置き

 

綺麗に髪を伸ばしたいと思っている方、定期的に美容室に行って満足していませんか?

これですよ

 

もちろん、美容室に行ったら髪に対しての悩みを解決してくれる場所でもあるし、傷んでいる部分や枝毛の部分の処理によって綺麗になるのは当然です。

 

酸性ストレートの記事でも散々言ってますが、低いダメージへかなりこだわって施術はしています。

詳しくは、前回の記事

僕のお客様が縮毛矯正しても綺麗に伸ばせている理由とは

 

 

酸性ストレート+シャンプートリートメントにこだわって頑張って伸ばして頂いている方の動画

 

と言うことは。。。

 

髪を綺麗にするには、お客様の協力がなくては保たれない。

これが事実なんですよね。

 

つまり、毎日髪に対しての扱いが重要ということです。

 

簡単な話し

 

髪は、摩擦、熱に弱いんです。

 

日常で起きる摩擦と言いますと、寝ている時や洋服やマフラーで気づかないうちに髪の毛は、摩擦を受けています。

 

一番やってはいけない事は、髪が濡れている状態で寝てしまう。

 

めちゃめちゃダメージ受けてます。

 

熱は、ドライヤーによるダメージです。

(髪は、乾かさないとよりダメージをうけるので、毎日使う物ではあるんですが)

 

毎日、低いダメージの被害で押さえませんか?

って事なんです。

 

髪は死滅細胞なんで、お肌のようにターンオーバーして復活する事はないんです。。。

 

ドライヤーの熱であれば、熱に対して髪をプロテクトするオイルがあります。

 

摩擦は、保湿で防ぎましょう。

 

つまり、髪に適したシャンプートリートメント使ってますか?って事なんです。

 

日頃のケアで一番大切なのはこれ

 

やっとここまで話しが来ましたw

 

髪質は様々で、乾燥しやすい方、くせ毛の方、ペタッとしやすい方

 

頭皮もそうです、乾燥肌、オイリー肌

 

など

 

実際、人それぞれお悩みはあるんですよ。

 

伊達に美容室にシャンプー置いてあるだけじゃないんです笑

 

乾燥用、くせ毛用、ハイダメージ用、ハリコシ用と特化した商品があるわけです。

 

化粧水、乳液、美容液などもそうだと思いますが、いい物ってやはりお値段はそこそこするんです。

 

なぜなら悩みに特化した良質な成分が入っているから。※一概に言えるかはわかりませんが。

 

シャンプー開発に少しだけ関わらせて頂いた事がありまして

 

何人もの方で試すんですよ、くせ毛の方に対してAパターン、Bパターン用意しダメならまた成分のパターンを変えて用意する事の繰り返し。

 

そして、くせ毛に合う良質な成分にこだわり抜いた商品が出来上がります。

 

こだわったお値段の価格が、市販と比べると高いんですが、ケアと言う面では抜群に特化してます。

 

 

毎日のケアの積み重ねなので、肌だけではなく

 

本当に髪を綺麗に伸ばすのであれば髪への投資も大切なんです。

実は、毎回のちょっとしたケアが一番大切なんです。

 

 

興味ある方は、是非お店でお聞きください!

 

 

 

 - コラム