センスって凄く大切だと思います。 - 東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

センスって凄く大切だと思います。

   

卒業式シーズン真っ最中です。

本日も張り切ってセットさせて頂きました。

image

くせ毛特化美容師の小熊です。

 

さて

過去の記事でも書かせて頂いたんですが。→オールマイティーな美容師はだめ?

ユーモアとセンスを大切にしていると、言うお話しでした。

僕の感じている事を少し詳しく書こうかなと思います。

 

そもそも、センスとは?

物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚。

 

らしいです。。

天性でセンスがある人もいれば、磨いてセンスをつける人もいる。

自分の作った作品やお客様の仕上がりを撮った写真、カットのバランスをみて

バランスをもっと良くしたいって、常日頃思うんですよ。

 

もちろん自身をもって施術は、させて頂いているんですが、一美容師として追求しんがどんどん湧いてくるんですよね。

 

完璧は存在しない

作品において、バランス良く出来たなーとか、今日のクオリティーは、凄く高いと思う事は、あるんですが。

 

それってまだ自分での最大限にしかすぎないんですww

 

完璧と思ったらそこで終わりだと思っていて、違う視点で見たらもっと良く出来る所が沢山あるはずなんです。

 

もちろん美容室での施術においてもそうなんですが。

 

例えば、くせ毛で悩まれている方への膨らまない為のカットのバランスや縮毛矯正などのくせ毛のコントロールのバランス

前髪の絶妙な1ミリ2ミリの長さのバランス

骨格に合わせた顔周りの毛のバランス

 

などなど、

 

何でもバランスがとれていた方が良くみえるんですよね。

 

とにかく感じる事が大切なのかなと思います。

日々成長なんす。

 

過去の作品やお客様のデザインをみて自分がデザイン力あがったなって思いたいんです

 

よりいいデザイン作りたいし、お客様の髪を任せて頂けてわけなので、責任をもってその方に似合った髪型で過ごしてほしいですからね。

美容師目指すなら美術館に行ってセンスを磨け

これ母親からの言葉で、僕が小学生か中学生の頃に言われた言葉なんですよw

因に両親美容師なんです。やはり血筋ですかね

 

この言葉は、東京に状況してから凄く実行している事で、特に現代アートが好きなんですが

 

現代アートって見ても理解出来なかったりするんですよww

 

理解出来なくても、バランス力を見る事は出来ると思っていて。

 

デザインに対しての構成や色使いのバランスを良く見ています。

一見ヘアーに共通している所が無い様に見えますが、ものの見方が変わってくる気がします。

 

正解なのか不正解なのかわかりませんがw

 

自分の枠を広げる事は、出来ると思います。

日々いろいろ感じ、いろいろな物を見て勉強して行こうと思います♪

 

ぼやきブログでした

 

ありがとうございました。

 - コラム