そもそもダメージってお客様は気にしていない? | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

そもそもダメージってお客様は気にしていない?

      2016/03/09

明日から寒くなるみたいですよね^^;傾向から言うと、こう言う時に風邪をひくのが僕ですw

image

くせ毛特化美容師の小熊開です。

そもそも、髪のダメージを抑える事は、お客様は重視しているのか?

例えば、ブリーチしないと出来ないカラーリングや

縮毛矯正を繰り返していて、かなり毛先が痛んでいるのにパーマで、ふわふわにどうしてもしたい方

間違いなくダメージは大きくでます。

このケースの場合、お客様は、ダメージを気にすると言うよりデザインを重視しています。

髪のダメージよりデザイン

実は、ここを何とかしたいんですよね!

僕は、どちらかと言うと、ケミカルオタク美容師側なので、いかにダメージが出ない様な施術が出来るかを研究していまして、髪を出来るだけ痛ませないと言うテーマでお客様に接しています。

なので、欲張ってダメージを抑えながらデザインも重視がしたい。施術が無理な状態なら断りますw

結局は、薬剤使うとダメージでるんですけどね笑

けども

けどもですよ

最小限に抑えられたら、よりいいんじゃないかなと思うんですよ!

僕の自己満足でもいいんですがw

昔、僕自信がブリーチを繰り返している時期がありまして、授業で鬼畜な事にパーマをかけないといけない状態があったんですよね。

今振り返ると、いくら授業と言えども髪質を考えずにパーマしたらダメな気が、、、。

そんな事は、さておき

結果は、案の定チリチリ

毎日の、生活が憂鬱ですよ。治らなく広がるし。毛はブチブチ切れるしw

もー大変!ってなってたんですよねー

僕は、ひどい結末を迎えるであろう結果が見えている時は、いくらお客様の要望でもお断りします。

ギリギリ行ける状態であれば、一度断ります笑

次に選択肢を出します

そして、手に汗を握りながら極力ダメージを抑えながら施術し、経験をそこにぶつけますw

そこで、やっとオーダーにお答え出来たのかなと、、、。

話がまとまらなくなってきていますがw

結局、オーバーダメージ(チリチリ)になったら手遅れなんです。髪が取り扱い不可のです!

なので、このブログを読んで美容室に行く前に、パーマやブリーチしても、大丈夫かな?

と、考えて頂けると幸いです。

髪は、人生においてモチベーションを左右すると思います。

綺麗な髪目指しましょう!

ありがとうございました。

 - コラム