柔軟性:正直タメ語が一番距離の縮まる言葉遣いである。 | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

柔軟性:正直タメ語が一番距離の縮まる言葉遣いである。

   

はい!たまに出て来るぼやき系ブログです笑

 

今日も楽しく書いていきましょう!

 

 

img_2445

相変わらずの楽しくない顔

 

くせ毛特化美容師の小熊開です。

 

正直タメ語が一番距離の縮まる言葉遣いである。

 

どんなタイトル掲げてんじゃ!って話しなんですが

 

 

まずは、だまって読んで下さいwww

 

 

僕の場合

 

 

接客していて、よくタメ語を使うんですよね。

これ、びっくりされる方多いかもしれませんが

けしてチャラくはないです笑

 

 

例えば会話の入り出しから

 

最近どう?

 

とか

 

最近忙しい?

 

とかw

 

端から見たら友達みたいに感じちゃうかもしれませんがね。

 

 

タメ語を使う方はもちろん、近い年齢や年下の方が多いんですが。。。

 

 

僕のタメ語に答えて、長いお客様は僕にタメ語を使ってくれます。

年下でも。

 

正直年下の方ががタメ語使おうが気にしませんw

 

 

一般的な社会人であれば、仕事中であれば敬語はマストであり、相手を立てる時に使うコミュニケーションツールの一つです。

 

 

なので、目上の方には、間違いなく敬語ですよね。

 

 

これは、日本では一般常識です。

 

 

あくまでも、一意見と極端な例です。

 

 

敬語は、必要で必要で無いもの

 

 

 

※絶対に必要ですがwwww

 

 

 

 

家族や恋人間であれば、年は離れようが敬語を使う事はなかなかないと思います。

 

 

 

単純に気を使わずいろいろな表現を出来ますよね。

 

 

やはり敬語は、どこか気を使ってしゃべるので

 

 

 

言葉で伝わらないニュアンスが出て来ると思うんです。

 

 

 

気を使っていたら心底な悩みを人には言えないですからね。

 

 

やはり、社会人としてのマナーを初め文化があるのでなかなか、美容室と言う別空間で、タメ語で話せと言うのも無理な話しかもしれませんがね

 

 

そこをなんとか打ち崩したい

 

僕からでも、気を使わない様な雰囲気を作りたいと言う気持ちがあります。

 

 

なので、既存のお客様に一言言いたい!!!!

 

 

 

皆さんタメ語で来て下さい笑

 

直には無理な話しかもしれませんが

 

 

タメ語活動実施中ですw

 

 

と言いつつブログは敬語です笑

 

 

体育会系で育ってしまうとね

 

気を使わずにはいられないのも現状ですがね。。。。

そんな敬語も上手くありませんがw

 

 

気を使わない柔軟な空間作っていきたいですね!

 

 

 - コラム