髪のダメージが本当に悪いのか? | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

髪のダメージが本当に悪いのか?

   

現在朝4時でございます。

釣りに出陣と共にブロガー健在です。

image

くせ毛特化美容師の小熊です。

今回は、ぼやきブログです。

ダメージを無くしたい事とオシャレは、紙一重

カットだけでもオシャレには、なると思うんですが、、

 

やっぱ、パーマとかカラーとか、したいじゃないですかw

 

けども、ダメージが出る、、。

 

モテ髪とは?←過去の記事で、ツヤツヤ、サラサラでダメージが少ない方が素敵に見えるみたいな事を書いているんですが、

 

髪が、「痛んでない」が正解な様で正解でもない?

勿論!痛んでない髪がキレイだし、清潔感もでますので、痛んでいないが大前提だとおもうんですが

 

やっぱり

 

美容師としてお客様には、オシャレでいて欲しい

僕の場合は、歳相応に見られたいので、ちょっとパーマしてみたり

してみたり、してるんですよw

 

これも、大人っぽく見えたいと言う願望

改めて書くと恥ずかしいなw

なんですよね

 

つまり、髪を痛ませないだけが全てでは、なく

 

悩みを解決してオシャレになる事も正解

くせ毛で悩んでいる方は、サラサラのストレートにしたいとか

 

直毛で、ペタッとしやすい方は、パーマでふわふわにしたいとか

 

毎日コテで巻かないと、跳ねちゃうからパーマで楽になりたいとか

 

これなんですよ!

 

ここからが僕らの仕事なんですが

 

結局ダメージを極力抑える事が一番

これに尽きます。。。

 

オシャレでもすごーーく痛んでいて、操作性が悪く気分が下がるより

 

オシャレで、極力痛みが少ない方が快適なはずです。

 

自分の髪質をコントロール出来ない方が多い

 

ダメージを極力抑える記事は↑で書いてますので参考にしてみて下さい。

 

施術での痛みを気にして悩みが解決出来ないより

 

ダメージを抑えて、悩みを解決してみよう!と言う発想の転換もありかなと、思います。

 

と言う、ぼやきネタでした。

 

ありがとうございました♪

 - コラム