SNSでの縮毛矯正で良くある質問 - 東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

SNSでの縮毛矯正で良くある質問

      2017/02/12

くせ毛特化美容師の小熊開です。

Q:ブリーチ毛でも縮毛矯正する事は出来ますか?

A:出来ます。

恐らく断られる事が多いと思います。ブリーチは、髪を脱色すると共に髪を構築している成分も一緒に抜ける為、髪がスカスカな状態になりもろく切れ毛や枝毛になりやすい状態になります。その為かなり繊細な施術になりますので、髪の触診、問診、視診を受け縮毛矯正が可能な方のみ施術させて頂いています。

関連記事:ブリーチしている髪に縮毛矯正するとこうなる。

 

ピンピンでぺたっとならない縮毛矯正は可能ですか?

施術方法次第です。

まず、ピンピンになる理由として薬のパワーが髪に対して強いからです。

パワーの弱い薬を使えば使うほど、ナチュラルなストレートを作る事は出来ますが、薬が弱ければ癖が伸びないと思いがちな方もいらっしゃいますが、その他においての行程でサポートする技術がしだいで、弱い薬でもナチュラルな仕上がりで、癖を伸ばす事は可能です。

関連記事:酸性ストレート:くせ毛の方にざっくり説明します。

特に僕のお客様の中で人気なのが、癖を伸ばしながら前髪に丸みをつけるバブルバングがかなり好評です。

関連記事:縮毛矯正:バブルバング始めました。

縮毛矯正は、どれくらい持ちますか?

基本的には、一度施術した部分に関しては、多少は落ちる可能性もありますが、基本的にはストレートの質感は残ります。

1ヶ月で落ちてしまった、2ヶ月で落ちてしまったと言うお問い合わせが最近かなり多いです。

理由として

  1. 薬が癖に対して適していない。
  2. アイロンの施術が癖に対して適していない。
  3. アイロンの後につける薬の酸化不足。
  4. 薬は、適していても薬液塗布後の放置時間のミス

などなど、癖に対しての施術ミスが考えられます。

 

 

 

 

 

 - コラム