毎回思うんです。カットでまとまりって変わるなーって:バイオリニスト小寺さんご来店 | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

毎回思うんです。カットでまとまりって変わるなーって:バイオリニスト小寺さんご来店

   

そろそろ髪切らないとやばいかなー

 

お客様がいらして頂けるありがたみ噛み締めてます。

 

 

 

くせ毛特化美容師の小熊開です。

 

本日のゲストは、バイオリニストの小寺さんです。

ご自分で子供のバイオリン教室を開いている素敵なお仕事をされている方です。

 

以前ホームページ用のプロフィール写真のヘアメイクを担当させて頂いた時の風景

 


さて、本題にいきましょうか

以前までは、ショートボブ風にしていたんですが、徐々にボブにしていきたいとの事で

今回は、丸みのある柔らかいシルエットにすることに!

 

 

 

髪質は、やや硬めでストレートです。

 

カラーリングは、ボブは、重た目のスタイルなので暗くしてしまうとより重ために見えてしまうので、彩度だけ変える事に

 

現在オレンジ味が強いので補色のグリーンを使いながら

カーキアッシュにする事に!!

 

 

後ろが伸びてバランスが悪くなってます。

髪質がストレートなので、柔らかい印象に見せる為に

毛先の質感と量感調整がかなり重要となってきます。

 

綺麗に馴染む様に毛流れを見ながらカット開始

 

 

今回は、伸ばしていた前髪もやっぱり切ることに!!

 

 

頬のあたりが一番辛い長さなんですよねー

 

前髪の似合わせとしては、軽めで隙間がある様な雰囲気の方が

より柔らかい雰囲気を引き立たせる為です。

 

 

そして〜〜〜

 

 

 

 

素敵♪

 

後ろもすっきり!

ピタッとまとまり!!

 

 

 

 

サイドも柔らかい丸みのあるシルエットへ

彩度もオレンジ味が消え柔らかい色へ

決してふざけて韻は踏んでません、再度!!言いますが韻は踏んでません・・・・。

 

スタイリングのおさらい、いきますよー

 

  1. 先ずは、髪全体を濡らします。
  2. 前髪から乾かします。この時左に前髪が生えグセの関係で寄りやすいので、流す方向と逆の右側に向かって風を当てながら乾かします。
  3. 8割ばーーーーと乾かします。
  4. 残り2割は下を向いて襟足から顔の方向に向かってドライヤーの風を当てると綺麗にまとまります。
  5. そして、仕上げにシアバター系のワックスとヘアオイルを混ぜたものを襟足と内側につけて広がりを抑えて完成です。

ぜひ参考にして見てください^^

 

ありがとうございました♪

 

小寺さんのバイオリン教室

amie violin

 

 

 - お客様へのレター