パーマでので触りを改善します♪ | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

パーマでので触りを改善します♪

   

アウトドアブログ以外と人気なんですね笑

image

くせ毛特化美容師の小熊です。

 

今回は、説明書ブログです。

説明書ブログでは?←詳しくは

 

髪を伸ばされていいるお客様なんですが

やっと伸びてパーマをする事に!!

 

その前にちょっとしたお話をさせて頂きます。

 

髪の手触りが良い、質感が柔らかいとは、

髪が健康な状態の事です。

 

経験した事がある方は、わかると思いますが、パーマ剤が原因で髪にダメージが出た際に質感が硬くなってしまったり、手触りが悪くなったりするケースがあります。

 

原因は?

薬の強さが髪質に対して合っていなかった為痛んでしまった。

固定する際の酸化が足りなくダメージにつながってしまった。

デジタルパーマでの熱でパーマ液の力が強くなりすぎてしまった。

などなど上げれば沢山考えつきます。

 

薬を弱くして、他の条件でパーマをかける考え方。

つまり薬の力半分、他の力半分でかけてあげる事により薬での髪へのダメージがかなり軽減出来ます。

 

お客様の髪質がかなりいい状態な為、ダメージを極力減らすため

 

今回も酸性デジパーでダメージを軽減しながらかけて行きます。

酸性デジパーは、髪と同じく弱酸性なので薬自体の力が弱いため

他の条件のパーワーとして、スチームとデジパーの熱の力を駆使します。

 

まずは、髪質を見て行きましょう。

image

髪質は、ほとんど直毛に近い感じです。

硬さは、柔らかめです。

image

パーマは、かかりにくい髪質な為、薬塗布の際浸透を良くする為にナノスチームで浸透力を上げて行きます♪

 

そして、時間かける事数時間、、。

 

image

ナチュラルゆるウェーブの完成です♪

image

おさらいしますよー

  1. 全体を濡らします。
  2. まず根元から8割乾かします。
  3. 残り2割は、頭の真ん中で2つに割って右サイドは、反時計回り、左サイドは、時計回りにねじりながら乾かします。
  4. 髪が乾きましたら冷風でラフに乾かしてカールを崩します。
  5. ソフトワックスを一円玉くらい出して、手によく馴染ませて下さい。
  6. 後ろ髪から、毛先→中間の順番でなじませます。※ワックスは、つけすぎ注意です。
  7. 完成です♪

試してみて下さいね!

ありがとうございます(^^)

 

 - 酸性デジパー