縮毛矯正:ストレートパーマは癖は伸びない! | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

縮毛矯正:ストレートパーマは癖は伸びない!

   

誰かニットの破れた部分の治し方教えて下さい。

 

古着のニット洗ったら破れましたwwww

 

 

img_2364

 

 

はい。くせ毛特化美容師の小熊開です。

 

 

今日も楽しく書いて行きましょう♪

 

 

本日は、説明書ブログです。

天の声:説明しよう!説明書ブログとは、施術したお客様の為のブログである。

 

今回は、新規でご来店下さり、福岡から最近上京したばかリのM様です♪

 

 

なにやらネットで、「東京、くせ毛、美容」で検索してご来店くださいました。

 

 

ありがたいですね!

 

 

さて、髪のコンディションはと言いますと

 

 

ストレートパーマ(アイロンなし)を過去に繰り返しており

 

前回は、ストレートパーマをしてくせ毛が1日で出てきてしまい

もう一度かけ直した履歴があるみたいです。

 

 

その為、髪の乾燥が進んでおり毛先につれてダメージが進行している状態で、広がってしまう為ストレートアイロンで癖を伸ばしており、よりダメージが進行している状態です。

 

ストレートパーマ(アイロンなし)は、癖を伸ばす施術ではない。

 

一概に言えないのですが、どちらかと言うと

ボリュームダウンや少し癖を和らげるくらいの施術だと思って下さい。

 

 

 

 

img_2359

 

 

やはり、湿度が高いとうねるタイプでして

髪質が柔らかい為、強い薬や過剰な施術をしてしまうと痛みやすい髪質です。

 

 

写真で載せてませんが、特に顔周りの毛がウネリが強いのですが、繊細な部分の為アイロン作業がかなり重要です。

 

 

img_2360

 

今回の施術の注意点

 

◯癖があるからと言って、薬のスペックを強くしない

髪質に合わせて的確に薬選定を行うと低いダメージで癖を伸ばす事が可能になります。

 

◯顔周りのアイロンでの作業の時、温度設定とプレスの力加減のコントロール

 

◯毛先に薬がつかない様にガードするトリートメントをつける。

 

◯トップはぺたんとなりたくない様なので、5mmほど根元からあけて薬を塗布します。

 

以上を気をつけながら施術します。

 

もちろん、アイロンでの熱処理でのダメージを軽減させる為に

 

 

コンプレックス処理とオイル処理を行います。

 

天の声:説明しよう!コンプレクス処理とは、髪の毛に皮膜を作る事によりアイロンでのダメージを軽減させ、ハリとツヤも与えてくれます。

 

そして数時間後。。。

 

なんせ、酸性ストレートが繊細な施術の為、マンツーマンでアイロンしますので、少しお時間頂きますのでご了承下さい。。

 

 

img_2361

 

今回の施術部分は、根元の4㌢のリタッチ部分

薬を最大限に弱めてリタッチ部分より下5㌢ほど、癖の修正

 

 

基本的には、リタッチしかしませんが毎日アイロンするより、修正した方がダメージを抑える事が出来ると思ったので、今回は施術しています。

 

 

さて、おさらいしますよー

  1. 髪全体を濡らして下さい。
  2. 髪がぺたっとなる事を気にされていたので、まずトップから乾かします。※この時、左に首を傾けて右サイドの毛を左サイドに持っていくイメージで乾かして下さい。左も同様です。
  3. トップが乾いたら、残り8割下からあおる様に乾かしましょう。
  4. 最後の二割は、頭頂部から下に風が抜ける様に乾かすとツヤが出ます。
  5. 乾燥に髪が弱いので、最後に毛先にオイルトリートメントをつけて完成です。

 

お試し下さい^^

 

またお待ちしてますねー♪

 - 酸性ストレート