究極ナチュラルな縮毛矯正:昔のイメージ変えます! | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

究極ナチュラルな縮毛矯正:昔のイメージ変えます!

      2017/05/06

無駄にオリジナルTシャツ作りました。

欲しい方言って下さい笑

 

TSURI Tシャツです。

何故山の写真かは、聞かないで下さい笑

 

 

 

縮毛矯正特化美容師の小熊開です。

 

今回は、酸性ストレートのブログを見て下さってご来店下さいました

 

新規様のアライさんです。

 

縮毛矯正をするのは、8年ぶりの様で

 

しばらく短くしてパーマをして癖を誤魔化していたんですが、毎回パーマをしないとセットしにかった様で、パーマを休憩する為に2年間伸ばしていたご様子です。

 

この2年間は、癖との戦いだったみたいで自分の髪質の悩みが限界になり縮毛矯正を出来るサロンを探していたみたいで、ただしツンツンだったりハリハリなストレートじゃなくナチュラルに仕上がるストレートを検索していたら、僕のブログに辿り着いたみたいです♪

 

さて、髪質を見ていきましょう!

 

 

癖が凄い強いかと言うとそうでもないんですが、広がりやすい髪質です。アライさんも広がりと前髪の癖が特に気になる様子でした。

 

癖毛レベルは、10段階中3.8レベルです。

 

伸ばしていたと言うことは、そのぶん履歴も重なっているはず

 

洗いざらい聞きますよーーー

 

まず、カラーでのリタッチを2〜3ヶ月にしている。

 

2年前までパーマを繰り返ししていた。

 

ブリーチなどはしていない。

 

ふむふむ!

 

 

見た感じは、根元から毛先まで均等なうねり

 

これは、すっぴん髪にした状態だとよりわかる事なんですが

※すっぴん髪とは、特殊なシャンプー剤と炭酸泉で洗い、お顔で言うすっぴん状態の事。つまり髪に余分な汚れ、トリートメント成分がらついていない状態です。

 

ダメージのレベルが全然ちがいます。

 

根元付近、中間付近、毛先

 

根元付近は、まだ髪の余力がかなりある状態です。

 

中間は、カラーや生活での自然的なダメージで少し根元に比べると余力が減っています。

 

毛先は、カラーパーマの繰り返しで余力がだいぶなくなり今回は、薬はつけない方がいいと判断した為

 

根元、中間で薬の塗り分けをして施術開始!!

 

 

もちろん、アイロンのダメージを極力減らす為にアルキルカチオンコンプレックス処理とオイル処理で熱から髪を守る状態を作って施術です(^^)

 

 

そして、時間かける事数時間。。。。

 

 

 

手で乾かすとーーーー

 

 

 

まとまり!!!

 

 

 

バッチリ癖は伸びました♪

 

 

恒例の動画も。。。

 

 

毛先のパーマ部分は、徐々にカットで無くして綺麗にしていきましょう(^^)

 

さて、おさらいしますよーー

 

  1. 髪全体を濡らします。
  2. 毛先にドライヤーの熱から守る為にオイルトリートメントをつけます。
  3. 前髪から乾かします。左右サイドからドライヤーの風を当てると綺麗におさまります。
  4. 根元からばーーーーーーと、9割乾かします。
  5. 1割は、根元から毛先に風が抜ける様に上からドライヤーを当てて手ぐしを通す様に乾かします。
  6. 乾燥を防ぐ為にオイルトリートメントを毛先につけて完成です♪

参考にしてみて下さい!!

 

次回は、顔まわりのメンテナンスでお待ちしてますね(^^)

ありがとうございました♪

 - 縮毛矯正, 酸性ストレート