梅雨対策でつやつやサラサラへ | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

梅雨対策でつやつやサラサラへ

      2017/02/16

さっ明日は雨ですがもちろん釣りには、いきます。

電車で寝たら負けです。

image

くせ毛特化美容師の小熊開です。

今回は、説明書ブログです!天の声:説明しよう!説明書ブログとは、施術したお客様の為のブログである。

梅雨時期髪が、広がりやすい季節です。

 

この広がりを何とかしたい

けどアイロンを使うと痛む

 

広がりは、カットや髪型だけだとカバー出来るのは限界があります。

例えばボブやロングのレイヤーの入っていない重ためのスタイル、トリートメント剤などで広がりを抑える

多少は、カバー出来ますが限界を感じます。

なので、施術面でのカバーとして

 

ケミカル技術を使ったストレートパーマや縮毛矯正が長い目を見たら楽かと思います。

縮毛矯正での注意点

  1. 縮毛矯正した後にパーマをする事は可能ですが、ダメージや掛かり具合が予想しにくい可能性があります。
  2. ブリーチへの縮毛矯正は、可能ですが髪の状態によりかけられない可能性もあります。
  3. ダメージが出ないストレートパーマや縮毛矯正はありません。ダメージを抑える事は可能です。
  4. 癖が戻ってしまい、何度も毛先まで縮毛矯正する事はオススメしません。ダメージが重なり切れ毛の原因になります。

こような条件を踏まえ今回は、酸性ストレートをする事に♪

 

まずは、髪の状態を見ていきましょう♪

 

image

割とコシのある髪質です。

ウネリもありますが、どちらかと言うと膨らみやすいタイプです。

癖レベルは10段階中3です。

特に襟足が気になるとのことです。

image

 

もちろん今回も、ツヤを出しアイロンの熱をガードしてくれる、アルキルカチオンコンプレックス処理もしていきます♪

 

天の声:説明しよう!アルキルカチオンコンプレックスとは、施術中に何層も幕をはり髪にツヤを与えつつダメージを抑える為のトリートメントである。

 

もちろん、ストーンとした質感は避けたいので、毛先に丸みをもたせてアイロン作業を時間をかけて行っていきます♪

 

かける事数時間、、、。

 

image

つやっつや〜〜

そして、中もしっかり伸びてます♪

image

 

これなら確実に梅雨は乗り越えられます♪

 

さておさらいしますよー

  1. 髪全体を濡らして下さい
  2. まずは、乾きやすい前髪から乾かしましょう。前髪のサイド左右から均等に風を当てるのがポイント
  3. 8割根元から先にばーーーとラフにかわかしましょう。
  4. 残り2割は、下を向いて襟足から顔前方に風が抜けるように乾かします。
  5. 最後にオイルトリートメントをつけて完成です♪

参考にしてみて下さい(^^)

 

ありがとうございました!

 

 

 - 酸性ストレート