縮毛矯正:強い癖だからこそ弱い薬にこだわる | 東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレート専門美容師

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

縮毛矯正:強い癖だからこそ弱い薬にこだわる

      2017/05/06

社員旅行から帰って来て何故か凄い筋肉痛に悩まされています。

 

 

 

縮毛矯正特化美容師の小熊開(オグ)です。

 

 

前回、いらして頂いたキドさんからのご紹介で

なんとお姉様ご来店です。

 

妹さんの記事↓

縮毛矯正=アイロンが巻けない!そんな事ありません♪

 

 

以前、縮毛矯正した時にチリチリになってしまったみたいで、しばらく縮毛矯正を我慢していたご様子なんですが、そろそろ癖の出具合が限界に来たらしく

 

妹さんが僕を激推しして下さった様でw

ブログを見てご来店して頂きました。

 

施術の始まりの基本の流れなんですが、

 

炭酸泉ジャブジャブ→クレンジングシャンプー

→髪を乾かします。

 

この工程で素のスッピン髪にして、余分な成分や汚れが付いていない状態を作ってから施術開始です。

 

さて、髪質を見ていきましょう!

 

↓スッピン髪です。

 

くせ毛レベルは7レベルです。

髪の硬さは、やや柔らかめです。

 

 

1年前に別の美容室で施術した縮毛矯正部分は、ビビリ毛と言ってダメージでの限界が来ているので、今回はノータッチで毛先を切りつつコンディションを整えていく感じでいきます。

 

 

履歴として、定期的にカラーリング+1年前に縮毛矯正

 

一見癖が強そうに見えますが、ここで強い薬を使うと毛先の様になってしまいます。

 

髪の硬さ、ダメージのレベルを考慮しての薬選定をしていきます!

 

 

前髪も癖強めですが、ピーーンとした前髪は避けたいので「バブルバング」でナチュラルに仕上げていきます。

 

 

バブルバングとは、癖は伸びますが毛先にナチュラルな丸味を持たせるテクニックです!

 

 

感覚としては、前髪パーマの様な感じです。

 

そして固定!

 

 

今回も、アイロンでの熱のダメージを和らげる為に熱から髪を守るアルキル処理(アワアワトリートメント)とオイル処理をしてからアイロン作業をしています。

 

 

時間かける事数時間。。。。

 

 

 

 

綺麗に伸びましたね〜〜

 

 

これは、ルンルンです!

 

 

 

明日からめちゃくちゃ楽なはず!!

 

ボブを普段から保たれている様なので、毛先を切りつつダメージ部分を減らして綺麗な髪に変えていきましょう♪

 

さて、スタイリングのおさらいしますよー

 

  1. まず、髪の毛全体を濡らします。
  2. 前髪から先に乾かします。この時に前髪を流さない方向にまず乾かしてある程度乾いて来たら流す方向に乾かすと綺麗におさまります。
  3. 根元からばーーーーと8割ほど、乾かします。
  4. 残り2割は、下を向いて襟足から顔の方向にドライヤーの風がぬける様にかわかします。(内巻きにする作業)
  5. 最後に、毛先中心にオイルトリートメントをつけて完成です♪

お試し下さい♪

 

次回は、カラーでお待ちしてます^_^

また、何かあればご連絡下さい!!

 - 縮毛矯正, 酸性ストレート