価格争い:0円でカット出来る時代ですよ!! - 東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレート専門サロン

東京の縮毛矯正・ストレートが得意な美容室Elmeの美容師「小熊開」のブログ。縮毛矯正の実績多数。前髪だけの縮毛矯正も予約受付ています。

価格争い:0円でカット出来る時代ですよ!!

   

お得意のぼやきブログいきますよー

 

 

 

くせ毛特化美容師の小熊開です。

 

 

美容師としての価値

 

 

僕らの仕事は、技術職でもあり接客業でもあります。

 

 

※色々な意見があると思うので、反論しないでください笑

 

 

友達のブログでも書いていましたが

アプリを使えば0円で髪を切れる時代なんです。

 

 

知ってましたか?

 

 

0円って

 

 

僕からしたら

 

 

一生懸命技術を磨いてきた成果が0円

 

 

 

たとえ、カットしていただく入り口が0円だとしても

 

 

 

本当にこれでいいのかなと?

 

 

大きく言ってしまえば

 

 

美容師自体の価値観を下げている様な気がします。

※(僕的には)

チャリティーなどは別として!

 

 

 

プライドは捨てた方がいいが、時には無いとダメなのでは?

 

 

 

基本的にプライドは無くてもいいと僕は思っています。

 

 

変にプライドが邪魔をして技術やデザイン、発信力が伸びないケースは良くある事だと思います。

 

 

 

自分より優っているが年下には教わりたく無いとか

自分の持てる技術が完璧だから勉強する必要は無い

 

 

など

 

 

実際、時代は流れているのでどんどん技術や知識もアップデートしなければいけないんです。

 

 

技術力が高い人は沢山いますからね

 

 

現に、ケータイがガラ携からスマホになり、どんどん進化をしていくのと同じく。。

 

 

 

変なプライドは無くして、広い世界を見ていきたい

 

 

 

例えば、スタイリストになるまで(お金を頂き髪を切ることが出来るまで)

 

青山、表参道界隈では、4〜5年くらい下積みがあります。

 

 

実際ウィッグ(マネキンみたいなやつ)を何体も切って技術を習得し

休日や夜中にモデルハントしたカットモデルさんにお願いして髪を切らせて頂き、ひたすら練習の毎日

 

 

 

並大抵じゃ無い練習と投資量です。

 

 

 

この練習と投資に価値と言うプライドを持ちたい

更に、技術をアップデートしているならよりプライド持つべきかと

 

 

実際、僕もいろんな場所に髪を切りに行くんですが

 

 

技術や知識をアップデートしている美容師さんは、

 

 

技術力にしても、接客にしても

 

 

すごく「価値」を感じます。

 

 

それは、常にアンテナを張っているからなのかなと

 

 

オーラで伝わりますwww

 

 

 

その「価値」が、お値段が高くても切ってよかったと思えます。

 

 

肌身を持って感じたのが

 

 

常にアップデート(丹念)している美容師さん達の技術が「付加価値」に繋がるのかと

 

 

実際に自分がお客様の立場に立つことで、お金を払って頂く有り難さをめちゃめちゃ感じています。

 

 

何が言いたいかわからなくなって来ましたがwwww

 

 

 

 

自分に付加価値をつけれる様精進して

 

アンテナ張って頑張っていきますので、よろしくお願いします♪

 - コラム